スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄コン筋クリート

2012.09.27.Thu.21:14
 最近ブログのタイトルを変えました。ただの「ペコブロ」から「松本太陽好きの選ぶ好きな作品!ペコブロ!!」に変えたんです。何で変えたかっていうと、もちろんこのブログの方向性をもうちょっと絞っていこうということです。
 でもこれ大丈夫なのか?全国に松本大洋さんを好きな人がどれくらいいるんだろう? きっと私の知らないところでたくさんいることを信じてこれでいこうと思います。ヴィレッジヴァンガードではやたら松本大洋さんプッシュしてくれてるし大丈夫だろ笑

 さて、ブログタイトル変更記念ということで、いよいよいっちゃいますか。この作品は私の中であまりにも大きな存在だったので、敢えて今まで紹介してきませんでした。でも、こんなタイトルにしちゃったからには紹介しないわけにはいけないでしょ? 多分、一回では紹介しきれないかもしれない。でも頑張ろう、鉄コン筋クリート!!!


鉄コン筋クリート

 鉄コン筋クリートの世界観は私の中でストライクゾーンなんです。マンガを何回読んで、映画を何回見たことか。
まず、この作品の主人公は宝町に住むネコと呼ばれる親兄弟のいない少年二人組「シロ」と「クロ」です。宝町は暴力のはびこる乾いた大都会。宝町は誰のものなのか、町の不良チョコラのものか、ネズミ率いるヤクザのものか、陰から掌握もくろむ蛇のものか。もちろんクロも宝町を「俺の町」と主張する一人です。そんな都会のカオスの中、精神を削り、価値観を超え、彼らがたどり着くのは何処なのか? 言語では決して表現することのできない人間の混沌とした精神世界を、マンガという手法を用いて見事に表現した松本大洋先生の大傑作です。そして、マイケルアリアス監督の映画も最高の出来となっています。 宮崎駿監督の「もののけ姫」のように決して子供向けではなく、大人が楽しむ作品ですね。

シロ

 
 私が好きなのは「シロ」ですね。10歳になるのに靴ひもも結べないようなネジの一本ないアホな少年なのに、大切なことを全て知っているかのような神様みたいなやつです。クロは反対にしっかり者でシロの面倒をよく見ますが、ヤクザを襲って「俺の町」を主張する危ないやつです。お互いがお互いの足りないところを補っています。この二人は磁石でいうNS、お菓子で言うときのこたけのこ、カップラーメンで言うとキツネタヌキのような切っても切れない対をなす二人組なんです。片方がいなくなると途端に心のバランスを崩してしまいます。 この阿吽【アウン】の二人の関係がとても面白いんです。ちょっとネタばれなのでこの先は読みたい人だけ読んでください。物語終盤、クロがイタチによって闇の世界に連れて行かれそうになりますが、遠く離れているシロはそれを本能的に感じ取り必死で呼び戻そうとします。このシーンはもう本当にすごい! シロは気が狂ったように暴れ出すんです。近くにいた警察の藤村と沢田はわけもわからず宥めようとしますが、シロの狂瀾怒濤の姿にはもはや恐怖すら感じます。でも、それはシロなりにクロを助けようとしていたんですね。そして、それを感じ取るクロが最後に答えを出すシーン!マンガもアニメも鳥肌立ちました。シロの心理描写、クロの心理描写はまさに天才のなせる所業と言ったら言い過ぎでしょうか。松本大洋先生は凄すぎです。そしてそれをアニメではまた違った表現で成功して見せたマイケルアリアス監督も最高です。
 
シロクロのシロとクロ

 また鉄コン筋クリートには数々の名言がありますのでいくつか紹介します。

・安心安心(シロ)
・クロがないところのネジ、シロが持ってる。(シロ)
・こちら地球星日本国シロ隊員。応答どうじょ~。(シロ)
・夜って悲しい気持ちなのね。きっと死んじゃうこととか考えちゃうからだな。(シロ)
・自分は何も信じません。(木村)
・いつから知っていたんですか。(木村) 生まれたときからさ。(鈴木)
・俺はお前の照らした陰じゃない。(イタチ)


まだまだありますが尺もあるのでこれくらいで。他にもアリとキリギリスの話をするとシロが泣くんだというクロのセリフや、ビルの屋上でなぜか突然大泣きするシロ、最後のシロとクロが握手するシーンが私は大好きです。
また、アニメでの声優があまりにもはまりすぎていることも注目すべきところです。クロは嵐の二宮君、シロは蒼井優ちゃんがやっています。特に蒼井優ちゃんのシロが個人的にはすごくいい! 映画の声優になぜプロじゃなくて俳優を起用するんだという人もいますが、この映画を見たら俳優でも納得間違いなしです。

他にも言いたいことはあるんですが、ちょっと疲れたので今日はこの辺で。ブログのタイトルにもある通り、松本大洋先生の作品を中心にこれからも紹介していくので、宜しくお願いします。それでは





スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。