スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンポン

2012.09.12.Wed.22:07
ピンポン

 さあ、そろそろピンポンを紹介する時が来ました。
これは、ある意味私のバイブル的なマンガになります。
卓球ってこんなにかっこいいスポーツだったって知ってましたか?
何を隠そう、私の名前のペコリナスもこの漫画からインスピレーションを得ているのです。
 主人公ペコは気持ちのいいくらい感覚的に生きている卓球大好き少年。親友のスマイルは卓球を暇つぶし程度と考えているクールな少年。でも、めちゃめちゃ強い。この二人のコンビが織りなす卓球青春ストーリーはマンガとして究極の完成度を備えていると言っても過言ではないでしょう!
 もちろん皆さんご存知の通り、窪塚洋介主演で映画化もされています。この映画もまた最高なんです!でも、今回はマンガの紹介なので、原作を知らない人のために映画でカットされてしまった名シーンを教えちゃいます!それはアクマこと、佐久間の活躍です。試合に負けてふてくされてしまったペコが、海でおぼれているところをアクマが助けた後に言うセリフ。
お前はまだ沖にすら出ちゃいねえ
そうです。ペコはまだ、卓球に対して本気を出していないのだ。それを教えてくれたのがあのアクマなのです。これを期にペコは猛特訓を始めるのでした。
 また、ピンポンには名言が多い。今思い浮かぶセルフのを挙げると
この星の一等賞になりたいの卓球で、俺は!(映画オリジナル、窪塚洋介のアドリブらしい)
アツがナツいぜ!
メッス!
月にタッチして帰って来るぐれえ、わけなかったぜ!
I CAN FLAY!
まだまだありますけど、これらの爽快なセリフに全身が震えます。青春ってなんてすばらしいのでしょう!
 ピンポンを描いているのは誰かと言うと、そうです、松本大洋さんです。松本大洋さんは私の最も好きで尊敬する漫画家です。天才とはこの人のことでしょう。そんな大洋さんの漫画をこれからもちょくちょく紹介していきたいと思いうのでお楽しみに。また、暇な時にはピンポンを掘り下げて考察してみるのも面白いかなと思います。
では、今日はもう寝ます。オヤスミ~



関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。